株式会社 有川製作所 ロゴ

新着情報

BLOG

2024.06.12

スタッフブログ

社員インタビュー:金型製作の魅力

1996年入社・営業部社員にインタビュー

有川製作所で働く社員にインタビューを行い、仕事内容などを紹介していく企画です。
今回は、1996年入社・営業部の社員にインタビューを行いました。

普段の仕事について

私は入社当初から金型製作に携わってきましたが、今年の4月から営業部に所属となりました。
営業活動の一環として、工程設計や金型見積もりを担当しています。お客様から製品の図面をいただき、それを基に作り方を考える仕事です。
また、金型製作のフォローも行っており、他社員が設計した金型の検図をしています。

この仕事を始めた理由・きっかけ

子供の頃からものづくりが好きで、特に機械を使って何かを作るのが大好きでした。
工業高校に進学し、製造業に就職した際、金型課に配属されたことがきっかけでこの仕事を始めました。

大変なこと

営業部に配属されて間もないため、お客様とのやり取りに慣れていません。
例えば、「製品を安く提供してほしい」というご要望に応えるために、工程を短縮する方法を考えることが求められます。
具体的には、板状の材料を加工してから成形し、最後に穴を開けるという3工程ではなく、成形の際に同時に穴が開くように先に材料を加工して2工程にする、といった工夫が必要です。

やりがい

この仕事の魅力は、常に新しいことに取り組める点です。
金型は一度作ったら壊れない限り作り直すことはないため、毎回異なるものを作り上げることが求められます。
この変化こそが、私にとっての大きなやりがいです。

仕事を通じて学んだこと

この仕事を通じて、常に新しいことを学んでいます。
鉄は思うように加工できないことも多く、完成形を想像しながら作らなければなりません。そして、トライ&エラーを繰り返す必要があります。
うまくできた経験や失敗も、今の私の力になっています。

過去に作った製品の紹介

社内で製造している製品のほとんどの金型に関わっています。
製作期間は短いもので1週間、長いもので1ヶ月ほど、平均3週間程度です。特に苦戦したものでは2ヶ月かかったこともあります。
過去に自分が製作した金型で作られた製品を街中やメディアで見かけると、とても嬉しいです。

今後の展望

今後は、いかに安く製品を作るか、製造工程の面でも意外な作り方を提案して感動を提供し、お客様に認めていただくことで新しい仕事に繋がるよう努力していきたいです。

一覧に戻る

精密プレス加工による
工法転換

~全せん断加工とR押し技術~

CONTACT

有川製作所へは下記電話番号もしくは
メールフォームよりお問い合わせください。

076-288-4710

平日 9:00〜17:00(休・祝日を除く)

エミダス
Powerd by NC network